このブログを検索

2014年1月23日木曜日

〔JANJAN魚拓〕核燃料再処理からの放射能放出は既に大気中核実験の100倍にものぼる

☆プルトニウムには「全く価値がない」、市場的には「マイナスの価値」−仏の核エネルギーコンサルタント、マイケル・シュナイダー氏語る(上)

http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0811/0811280433/1.php

https://web.archive.org/web/20140123015724/http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0811/0811280433/1.php



☆客が減る再処理事業はフランスでは斜陽産業−仏の核エネルギーコンサルタント、マイケル・シュナイダー氏語る(中)

http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0812/0811300553/1.php

https://web.archive.org/web/20140123015228/http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0812/0811300553/1.php

日本の再処理工場がエネルギー安全保障に重要な役割を果たすと政府は言う。が「発電に果たす割合は全エネルギー生産に比べて極めて低く、安全を保障するのは難しい」とシュナイダーさんは強調する。



☆核燃料再処理からの放射能放出は、すでに大気中核実験の100倍にものぼる-仏の核エネルギーコンサルタント、マイケル・シュナイダー氏語る(下)

http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0812/0812030841/1.php

https://web.archive.org/web/20140123014829/http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0812/0812030841/1.php

ヨウ素129の主な汚染源はラ・アーグとセラフィールドの2つで,放出されたヨウ素はノルエーの北岸やバルト海でも検出されることがある。

忍者ソーシャルボタン

アーカイブ

スイス国際公共放送- SWI swissinfo.ch

はてなブックマーク