このブログを検索

2013年2月19日火曜日

【被曝メモ】チェルノブイリ:月経周期障害(生理の異常)や女性生殖器疾患


14.   汚染地域における卵巣嚢腫や子宮筋腫を含む女性生殖器疾患の発生率は、大惨事後の5、6年間、有意な増加をみせた(Gorptchenko et al., 1995)。

15.   汚染地域では月経周期障害と診断される患者が多かった(Babich and Lypchanskaya, 1994)。汚染地域における月経障害の症例数は、大惨事以前と比較して3倍になった。事故当初の数年間は月経過多となり、5年から6年経過した後には月経の回数が減少または停止した(Gorptychenko et al., 1995)。被曝し、診察を受けた1,017人の少女のうち、14%に月経障害がみられた(Luk'yanova, 2003、Dashkevich and Janyuta, 1997)。

http://chernobyl25.blogspot.jp/2011/11/56.html

忍者ソーシャルボタン

スイス国際公共放送- SWI swissinfo.ch

はてなブックマーク